ソニー・ホンダモビリティ、AFEELAブランド初の量産モデルにおいて
KDDIが提供するグローバル通信プラットフォームの活用を決定

2024.02.26
#news-release
KDDI-SHM

ソニー・ホンダモビリティ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 会長 兼 CEO:水野 泰秀、以下、SHM)は、2025年に発売を予定しているAFEELAブランド初の量産モデルのネットワークサービスにおいて、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:髙橋 誠、以下、KDDI)が提供するグローバル通信プラットフォーム*1を活用することを決定いたしました。

発表内容

  • SHMは2025年に発売予定のAFEELAブランド初の量産モデルにおいて、高品質で安定したネットワークサービスの提供を目指し、各地域のMNO*2の回線を利用し、車両をネットワークに接続する。
  • その実現のため、KDDIが提供するグローバル通信プラットフォームを活用。車両はSHMが開発・運営するクラウドプラットフォームと大容量・低遅延での通信が可能となる。

この度、ソニー・ホンダモビリティ様が2025年に発売を予定するAFEELAブランド初の量産モデルのネットワークサービスにおいて、当社をグローバルリードキャリア*3としてご採用いただきました。AFEELAの目指す創造的なエンタテインメント体験と、そのグローバル展開を、共に実現できることを大変喜ばしく思っております。
当社のグローバルでのIoT実績を生かし、安心安全の実現はもとより、5G通信とエンタテインメントとの掛け合わせによる、今までにない新たな移動体験を世界中のAFEELAユーザーにお届けできるよう、様々なソリューションを展開して参ります。

KDDI株式会社 取締役執行役員専務 桑原 康明

AFEELAはプレミアムブランドにふさわしいハードウェアと、AIを活用したAD/ADAS、その上で創造的なエンタテインメント空間としてのモビリティを追求します。その実現のため、モビリティが定常的にネットワークに接続されていることが重要であり、これまでになかったような大容量・低遅延な通信が不可欠です。SHMがグローバルで高品質なモビリティ・サービスを提供していくにあたり、効率的な運営を可能にするワールドワイドな通信ソリューションを重視しています。
今回はこうした思いからKDDIのグローバル通信プラットフォーム、および各地域のMNOとの強固な関係に期待しています。

ソニー・ホンダモビリティ 取締役 専務 岡部 宏二郎

*1 グローバル通信プラットフォーム:各国・地域で異なる移動体通信事業者の回線を、共通の設計で統合管理するためのプラットフォーム。
*2 MNO:Mobile Network Operator(移動体通信事業者)の略。自社で基地局、回線設備などを設置・運営する会社。
*3 グローバルリードキャリア:コネクテッドカーサービス提供各国での通信を提供し、統合管理する通信事業者。

ソニー・ホンダモビリティ株式会社は、多様な知を繋げ、最先端テクノロジーを追求するMobility Tech Companyとして、人の感性や行動へ働きかけていくモビリティの革新を実現していきます。

本情報は発表時点での情報となります。諸条件により、予告無く機能の追加や変更等の可能性がございます。

CES2024 Sony Honda Mobility AFEELA booth PREV

CES® 2024 現地レポート サマリー

Kawanishi and Jessica NEXT

Future Voice Vol.3 「ハイパー・パーソナライゼーション」がモビリティと生活をシームレスにつなげる